始業遅延研究の世界的権威、Wolfson教授を日本にお招きすることが決定しました

2019年1月6日に始業時間遅延による睡眠適正化研究の世界的権威であるAmy Wolfson先生(ロヨラ大学メリーランド校教授)を日本にお招きし、学校関係者、保護者、医療関係者、研究者、その他子どもの睡眠と健康に興味・関心がある全ての方を対象として講演会を開く運びとなりました。

この講演会を通じて我々「始業時刻適正化プロジェクト」は
・始業時刻が問題であることを、幅広く周知し
・日米の研究者・教育関係者の関係を深め
・日本において、始業遅延研究を開始したい
と考えております。

講演会の開催に先立ち、Wolfson先生より以下のコメントをいただいております。

『この度は日本にお招きくださるとのこと、誠にありがとうございます。日本は大変に教育熱心な国であると聞いており、そのような国で講演できることを嬉しく思っております。日本の中高生の睡眠時間は睡眠研究の世界でも大きな問題とされています。さらには、多くの学校で朝早くから活動を取り入れていると聞いており、これが生徒の健康を害している可能性があります。これが私にとって初めての日本での講演になります。ぜひ先生や保護者、研究者といった皆様と一緒に、日本の生徒の睡眠政策について話し合うことができたら嬉しいです。』

講演会の詳細は以下の通りです

日時:2019年1月6日13時~17時
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 予防校舎講堂
対象者:学校関係者、保護者、医療関係者、睡眠研究者、子どもの睡眠・健康に関心のある全ての人
定員:120名(定員に達し次第受付を終了させていただきます。)
※通訳有り、参加費無料

内容(予定)
・基調講演(1):睡眠とリズムの関係性とは?
・基調講演(2):子供の睡眠に関する基礎知識のレクチャー
・始業時刻適正化研究の紹介
・Wolfson先生 特別講演(通訳あり)
・パネルディスカッション/質疑応答

登壇者
・Amy wolfson先生(ロヨラ大学メリーランド校教授)
・大川匡子先生(精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構 機構長)
・駒田陽子先生(明治薬科大学准教授)
・志村哲祥先生(東京医科大学精神医学分野兼任助教・睡眠健康研究ユニットリーダー)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

以下のフォームからお申込みください。